「 人工透析まめ知識 」一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー




内シャントについて

内シャントについて

血液透析を行うには、大量の血液を体外に出す必要があります。そのため、通常の静脈だけでは十分な血液が確保できないので血管手術を行います。動脈と静脈をつなぎ合わせて、血流量の多い太い血管を作り、そこに針を刺して血液を取り出します。この部分を「内シャント」と呼びます。

ダイアライザ(人工腎臓)

ダイアライザ(人工腎臓)

腎臓の機能が低下して「慢性腎不全」になると、「人工透析」を行わなければなりません。この人工透析に欠かせないのが、腎臓の代わりとなって血液をろ過してくれる「ダイアライザ(人工腎臓)」です。

ドライウェイト

ドライウェイト

ドライウェイトとは、血液透析後の体重で、つまり身体に余分な水分の貯留がなく、心臓に負担がかからず、生活や仕事をする上で体調がよいと感じられる体重のことで、『目標体重』とか『適正体重』とも言われます

血液透析の長所と短所

血液透析の長所と短所

現在日本では、ほとんどの方が血液透析を行っています。その為、腹膜透析に比べて治療できる病院、クリニックが圧倒的に多く、通院可能な範囲が広がります。また、一般的には血液透析の方が腹膜透析よりも十分な毒素を取り除くことができ、余分な水分除去も十分可能と言われています。

スポンサーリンク
レンタングル(大)




レンタングル(大)