漢方服用で夏場の体調不良が改善!

こんにちは。タカオです(^^)

昨日は漢方薬局へ行ってきました。今の職場が、夏場の冷房がガンガンで、昨年はからだが冷えすぎて体調を崩すことがあったので、夏の空調による冷え対策として今年は以下の2種類の漢方を先月から服用しています。

・参茸補血丸(サンジョウホケツガン)・・・朝 8錠・晩 8錠。

別名「飲むホッカイロ」とも言われているそうで、気血を補い、全身の機能を高めることで体の芯から温めてくれます。

・香西洋参(シャンセイヨウジン)・・・朝 1包・晩 1包。

夏の体力消耗から素早く回復してくれる即容茶。体に溜まった熱をクールダウンしながら元気も補給してくれます。

はじめて、夏の時期に「参茸補血丸」と「香西洋参」を服用した感想ですが、

参茸補血丸のほうですが、

今年は去年よりも気温が高かったので、昨年より職場の冷房の温度が低かったにもかかわらず、冷房による冷えを感じにくく、体調を崩すことがほとんどありませんでした。逆に暑いと思えるくらい体が温かったです。まさに飲むカイロだなぁと感じました。

香西洋参ですが、

今の時期は手・足・口の中が熱い、体の中に熱が溜まっているような、そんな感覚があるんですが、香西洋参を服用すると体の中から熱が引いていくのを感じます。体の中が熱いという症状がかなり改善されました。

今年は、「参茸補血丸」と「香西洋参」の漢方の服用で夏場の疲れを感じにくく、空調による冷えで体調を崩すこともほぼなく、体がだいぶ楽でした。ほんと助かりました(>_<)。

次回はまた来月、漢方薬局へ行ってきます。

スポンサーリンク
レンタングル(大)




レンタングル(大)




ブログランキング

ランキングに参加しています。
応援が日々の励みになります^0^
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)