身体障害者手帳

身体障害者手帳について

透析が決定して、シャントを作っていざ導入となった時に、一番に申請してほしいのが「身体障害者手帳」です。もちろん透析の方は1級になります。

問合先

お住まいの地域の保健福祉課

資 格

身体に障害のある方で障害の程度が1級から6級の等級の障害のある方

内 容

身体に障害のある方が各種の援護を受ける為に必要な手帳で、障害の程度が1級から6級の等級の障害のある方に交付されます。

手続き

(1)指定医の身体障害者診断書(保健福祉課にあります)

(2)写真1枚(無帽・上半身・真正面、カラーも可)

(3)印鑑を持参して管轄の保健福祉課で手続きをしてください。

申請後約1ヶ月で手帳が交付されます。また、マイナンバー制度の導入により、新規申請と他道府県からの転入手続きの場合に、マイナンバー(個人番号)が必要となりました。

なお、手帳をお持ちの方で次の事項に該当する場合は、必ず届け出をしてください。

①住所の変更
②氏名の変更
③死亡
④手帳の紛失、破損
⑤障害の程度変更
(④、⑤の場合は手帳が再交付されます。)

スポンサーリンク
レンタングル(大)




レンタングル(大)




ブログランキング

ランキングに参加しています。
応援が日々の励みになります^0^
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)