特定疾病療養受療証(マル長)

特定疾病療養受療証(マル長)

長期にわたって高額な医療費が必要となる慢性腎不全(透析患者)の方は、加入の健康保険(保険者)に申請すると、高額療養費制度で毎月の自己負担を軽減できます。現在、加入している医療保険の窓口で特定疾病療養受療証(マル長)の交付手続きをされて下さい。

この特定疾病療養受療証により、医療費の自己負担額が1カ月1万円、上位所得者(月収53万円以上)は2万円までとなります。なお、資格取得は申請手続きをした月の初日から有効となりますが、手続きは毎年必要になります。

手続き

①各保険窓口で特定疾病療養受療証の交付申請書をもらう。

  • 国民健康保険の場合:市町村役場等の国民健康保険担当課
  • 社会保険(協会けんぽ)の場合:全国健康保健協会各都道府県支部
  • 社会保険(組合)の場合:各健康保険組合
②交付申請書に必要事項を記載し、病院窓口へ提出。主治医の証明を受ける。

③証明書を各保険窓口(①と同じ)に提出する。

≪申請に必要なもの≫

  1. 特定疾病療養受療証交付申請書(健康保険により名称が異なる場合あり)
  2. 健康保険被保険者証
  3. 印鑑
④各保険者が「特定疾病療養受療証」を発行する
⑤「健康保険被保険者証」「特定疾病療養受療証(マル長)」を医療機関窓口へ提示すると、医療費は月1万円の負担(上位所得者は2万円)になります。ただし、入院時の食費については自己負担です。
※東京都の場合「マル都医療券」とあわせることで人工透析の方の大半が窓口での負担金が0円になります
スポンサーリンク
レンタングル(大)




レンタングル(大)




ブログランキング

ランキングに参加しています。
応援が日々の励みになります^0^
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタングル(大)